ストレッチポールの効果的な使い方![動画で解説]

2020年3月11日

ストレッチポールを使用し、体幹のトレーニングをする女性。

「ストレッチポールがいいって聞いたけど、どんな効果があるの?」

「ストレッチポール買ったけど、使い方ややり方がイマイチわからないんだよね」

ストレッチポールはメジャーなフィットネス用品として知られて来ていますが、効果や使い方が多岐に渡るのはご存知ですか?

今回の記事はストレッチポールの効果や使い方をご紹介しております。

皆さんこんにちは!現役理学療法士のyugosukeです!年間3000症例を治療させて頂いております。

実際の治療現場でもストレッチポール を使わせて頂いており、その効果を実感しております。

今回はストレッチポールの効果と基本的な使い方、応用的な使い方をご紹介しております。また、よくあるご質問の「ハーフタイプとの違いと使い方」も書かせて頂いております。トレーニングのご参考になれば幸いです。

ストレッチポールの効果

ストレッチポールを正しく使うことで様々な効果を得ることができます。

ストレッチ効果

ストレッチポールの上で寝ることにより、胸や肩、太ももといった緊張しやすい筋肉が、自分の重さにより自然と緩むことができます。自然とストレッチされることで、伸ばした際の痛い!といったことがないのが特徴です。

姿勢矯正効果

ストレッチポールの上で寝ることで姿勢を正しく矯正してくれるという効果も期待できます。頭、背中、骨盤をストレッチポールの上に乗せましょう!これにより丸まっている背中は、適度なカーブに戻り、反り腰は改善され、骨盤は適切な角度になります。

リラックス効果

ストレッチポールに寝ることで、円柱のためわずかな揺らぎが得られます。さらに、筋肉を緩め、呼吸をしやすくする働きがあるため、副交感神経優位になりやすく、身体がリラックスモードになりやすいのです。

呼吸能力の改善

ストレッチポールに寝ることによって、胸を開くことができます。胸が開き、肋骨の動きが良くなることで深い呼吸ができるようになります。

浅い呼吸は酸素が全身に行き渡ることを妨げ、血流の減少、疲労の増大など様々な問題を引き起こします。しっかりと体の中に酸素を取り込むことで、脳へ酸素が供給され脳の活性化も起きてくるのです。

腰痛や肩こりの解消

姿勢矯正効果があるので、正しい位置に首や骨盤が戻ります。正しい位置にあることで負担の掛かっていた筋肉が緩み、血流が良好となることで痛みの解消につながります。

バランス能力改善

ストレッチポール の上で寝るため、バランスを取る必要があります。人は絶えず重心が、右や左などに動いているため、ストレッチポール もゆらゆらと揺れます。ストレッチポールをコントロールすることでバランス能力が改善していきます。

筋力トレーニング効果

ストレッチポールの使い方や乗り方を変えることで、筋力トレーニングを行うことが可能です。腹筋を割る体幹トレーニングや美脚トレーニングなど様々な筋力トレーニングが行えます。


ストレッチポールの使い方

ストレッチポールへの乗り方

ストレッチポールの端にお尻を乗せ、両手を床につけます。この際に少しフラフラすると思いますので、転ばないように注意して下さい。

そのまま両手で体を支えながら、ポールに背中を沿わせるようにしてゆっくりと仰向けに寝ます。背中の筋肉が固く、痛く感じる際には無理のないあたりで止めます。

ポールにお尻から頭まで乗るように調整していきます。

ストレッチポールからの降り方

自分が降りやすい側にお尻をずらし、手や足などで支えながらゆっくりとすべるようにして降ります。

緊張が緩んでいる状態ですので、すぐには起き上がらず、しばらくは仰向けになってから起き上がる様にします。

↓ 動画にて確認     ↓

基本姿勢・乗り方

ストレッチポールを使った基本的なストレッチ

動画を参考に、ストレッチポールの効果のある使い方を実践しましょう。

こちらの動画では全身をほぐしていく基本的な使い方になります。

1ストレッチポール の上に仰向けになり、ゆっくりとユラユラと横揺れをしていきます。

2手のひらを床をなぞりながら、肩を回していきます。

3鳥が羽ばたく様にリラックスさせてやるのがコツになります。

基本的な全身ストレッチ

ストレッチポールを使った筋力トレーニング

お尻まわりを中心としたトレーニング

ヒップアップ片足

背筋を中心としたバランストレーニング

バランストレーニング

足を細くするためのトレーニング

下肢・体幹バランストレーニング

ストレッチポールを使った骨盤調整

骨盤調整

骨盤調整トレーニング

ストレッチポールとハーフストレッチポールの使い分け

ストレッチポールの上で寝るというのは誰にでもできることではありません。円柱形のため、人によってはバランスを取ることが難しいと感じる方もいます。

そういう方はハーフタイプのストレッチポールを使用してみて下さい!円柱形より安定し、バランスを取りやすいため、比較的簡単に使うことができます。

バランスが不安定な方や怪我をしている方、高齢者の方などはハーフタイプから使うと良いでしょう。慣れてから円柱形タイプを使用していくことをオススメします。

ノーマルタイプのストレッチポールは「定期的に運動をする人」や「ある程度バランス感覚に自信がある人」におすすめです。

ハームタイプのストレッチポール での応用したトレーニング動画になります。

※当ウェブサイトでは正確な情報を掲載するように努めておりますが、その正確性について個人差はあります。各自の責任と判断のもとにご利用ください。

▼こちらの記事もあわせてどうぞ

関連記事:[徹底解説]股関節の痛みを解消!原因と和らげるためのストレッチ

関連記事:ストレッチの効果が出るのに必要な時間、回数、頻度を専門家が徹底解説!

フォローする