第一印象を思いのままにコントロールする方法[5選]

2019年7月13日

第一印象を思いのままにコントロールする方法[5選]

人間関係を良好にするにあたり、第一印象は特に大切になります。

「あの人、なんか暗いよね」や「なんかとっつきづらくて」など思われたり、悩んだりしたことはありませんか?

人は第一印象に受けた感覚をその後も残します。これを初頭効果といい、一度与えた印象を変えることはなかなか難しいのです。

そのため、 いかに第一印象を良くするかが大切になります。

今回は、第一印象はどんなところで決まるのかを見ていきます。
第一印象を好印象にすることで、その後の人間関係もスムーズなものにしていきましょう。

第一印象を思いのままにコントロールする方法[5選]

第一印象が決まる要因

視覚5割、聴覚4割、コミュニケーション1割!!

メラビアンの法則

心理学者のアルバート・メラビアンが研究の中で提唱された、メラビアンの法則というものがあります。
これは「第一印象は出会って数秒で決まる」ということと、初対面の人について、具体的なコミュニケーション内容よりも「視覚が55%、聴覚が38%、言語(コミュニケーション)が7%」になったというものです。


この法則によれば、第一印象の判断要素として、人間は何を話すかよりも、外見や声の調子や身体言語といった話の内容以外のもののほうを重視しやすいということが分かります。
つまり、どんなに説得力のある言葉を持っていても、服装や表情が悪いとで5割減、話し方や発声が良くなければ更に4割もイメージダウンをするのです。「見た目じゃなく、中身で勝負!」と思っている方は残りの1割で勝負をしているに過ぎないのです。

第一印象を良くする方法

第一印象を思いのままにコントロールする方法[5選]

1見た目を整え好印象にする

身だしなみ:寝癖やヒゲ、鼻毛などは大丈夫ですか?清潔な印象を相手に与えることが大切になります。身だしなみが整ってない方は、私生活がだらしないと見られ、印象が悪くなります。人と会う前に全身鏡などでチェックしましょう。

姿勢:背中を真っ直ぐに伸ばすことが大切です。人の自信は姿勢に現れます。自信がなくなると猫背に、そして苦手な人には身体を少し横に傾けてしまうのです。第一印象を良くするには相手に真っ直ぐに向くようにし、背筋を伸ばしましょう。

笑顔:素敵な笑顔は目元と口元が笑っています。しかし作り笑いは目元も口元も動いていないのです。

服装:営業マンは足元を大切にします。服装や持ち物を大切にするのは、一番身近にあるものに対して心配りをできているか、大切にしているかが現れます。

2声の抑揚による印象

声質は人それぞれ生まれつきではありますが、声の抑揚は変えることができます。抑揚とは、声の強弱や、高低、話す速度などです。
人はミラー効果により親近感を持つので、初対面において、相手の声の抑揚に合わせて話すことで親近感を抱かせることができます。

3言語

もし言葉にマイナスな表現を使うクセがある場合は見直しましょう。また、口元を隠すなどの仕草は、不都合なことをごまかそうとするサインと受け止められてしまうため注意が必要です。

4色を使い分けて印象を変える

第一印象で良いとされる色は緑と言われています。これは緑が安心感や安定感を与えるからです。一般的に、青は沈静と抑制、黄色は希望と光、赤は活気とイメージが付与されています。そして、黒は威厳や風格、重厚感を表現し、確かな存在感を体現する色になってます。

5話させ上手になる

絶対にNGなのが、自分の話を一方的に話すことです!初対面の会話で理想的なのは、聞くと話すが「7:3」になることです。その際のあいづちは「うんうん」ではなく「なるほど!」や「そうなんですね!」など相手が話しやすくするのがコツです。相手に気持ちよく話をしてもらい、もう少し話したいくらいのところで潔く話を切り上げるのがポイントです。全部話させてしまうと、満足してしまい、また会いたいといった印象になりにくくなります。

まとめ

如何だったでしょうか?いつも好印象を与えられていないと悩んだりしている方は、もしかしたら言葉のみに気をとらわれているのではないでしょうか?ほんの少し見た目を気遣うだけで50%以上もの好印象を与えられるのです。


新しくこれから会う方は、今のあなたの印象が心に残ります。この記事を読み終えた頃からやって見ては如何でしょうか?

※当ウェブサイトでは正確な情報を掲載するように努めておりますが、その正確性について保証するものではありません。各自の責任と判断のもとにご利用ください。

▼こちらの記事もあわせてどうぞ
関連記事:必読!成功者が身につけている人を動かす三原則
 

関連記事:必見!世界の成功者が必ず実践しているカーネギーの人に好かれる6つの原則

フォローする