限界!仕事が辛い時に思い出して欲しい名言[15選]

2019年12月2日

「仕事が辛い!」「もうイヤ!」「辞めたい!」仕事が辛く、辞めたかったり、苦しかったりすることがありますよね。

誰しもどんなに天職につけたとしても、一度は絶対に辞めたい日がくるものです。

今回は仕事が辛い時に、心に響く名言をお届け致します。

偉人たちの言葉がきっとあなたの心のを支えとなってくれます。

限界!仕事が辛い時に思い出して欲しい名言[15選]

限界!仕事が辛い時に思い出して欲しい名言[15選]

辛いことに対する共感の名言

イチロー(日本のプロ野球選手、日本及び米国で活躍 / 1973~)
「ぼくも、グラウンドに行きたくない日はたくさんあるのです。仕事だからしょうがないと、自分に言い聞かせるときもあるのです。」

孔子(中国の思想家、儒家の始祖 / 紀元前551~前479)
止まりさえしなければ、どんなにゆっくりでも進めばよい。

本田圭佑(日本のプロサッカー選手 / 1986~)
「現実を認めたくない」自分がいて、「現実を受け入れろ」という自分もいる。現実を認めなければ、今を生きることができないですから。

松下幸之助(日本の実業家、発明家、パナソニック創業者 / 1894~1989)
悪い時が過ぎれば、よい時は必ず来る。おしなべて、事を成す人は、必ず時の来るのを待つ。あせらずあわてず、静かに時の来るを待つ。時を待つ心は、春を待つ桜の姿といえよう。だが何もせずに待つ事は僥倖を待つに等しい。静かに春を待つ桜は、一瞬の休みもなく力を蓄えている。たくわえられた力がなければ、時が来ても事は成就しないであろう。

仕事に失敗したときの名言

エジソン(米国の発明家、起業家 / 1847~1931)
人生に失敗した人の多くは、諦めたときに自分がどれほど成功に近づいていたか気づかなかった人たちだ。

松下幸之助(日本の実業家、発明家、パナソニック創業者 / 1894~1989)
失敗の多くは、成功するまでにあきらめてしまうところに、原因があるように思われる。
最後の最後まで、あきらめてはいけないのである。

中島薫(作曲家、事業家/ 1952〜)
叱られて「厳しいな」「つらいな」と感じるか、「もっと成長できる、ありがたい」と感謝するかで、あなたの人間の器が大きく変わってきます

プラスの名言

星野 富弘(日本の詩人・画家 / 1946〜)
辛いという字がある。もう少しで、幸せになれそうな字である

チャップリン(英国の俳優、映画監督、コメディアン、脚本家 / 1889~1977)
人生はクローズアップで見れば悲劇だが、ロングショットで見れば喜劇だ。
切り替えの言葉

美輪明宏(日本のシンガーソングライター、俳優、演出家 / 1935~)
人生はロマン。自分は不幸だと悩むのではなく、試練を与えられた物語の主人公だと思えば、人生をエンジョイできる。

中谷彰宏(日本の作家、俳優 / 1959~)
運がいい人も、運が悪い人もいない。運がいいと思う人と、運が悪いと思う人がいるだけだ。

松下幸之助(日本の実業家、発明家、パナソニック創業者 / 1894~1989)
何事もゆきづまれば、まず、自分のものの見方を変えることである。案外、人は無意識の中にも一つの見方に執して、他の見方のあることを忘れがちである。

思考の切り替えの名言

松下幸之助(日本の実業家、発明家、パナソニック創業者 / 1894~1989)
現在与えられた今の仕事に打ち込めないような心構えではどこの職場に変わっても決していい仕事はできない。
とにかく、考えてみることである。
工夫してみることである。
そして、やってみることである。
失敗すればやり直せばいい。
ただ単に自分に与えられた仕事のみをやっていればよいと考えて毎日を過ごしていたら、あまり楽しさを感じることもできないでしょうし、ものごとを見る視野も限られてしまうと思います。

松下幸之助(日本の実業家、発明家、パナソニック創業者 / 1894~1989)
自分には自分に与えられた道がある。天与の尊い道がある。どんな道かは知らないが、他の人には歩めない。自分だけしか歩めない、二度と歩めぬかけがえのないこの道。広いときもある。狭いときもある。のぼりもあれば、くだりもある。坦々としたときもあれば、かきわけかきわけ汗するときもある。この道が果たしてよいのか悪いのか、思案にあまるときもあろう。なぐさめを求めたくなるときもあろう。しかし、所詮はこの道しかないのではないか。あきらめろと言うのではない。いま立っているこの道、いま歩んでいるこの道、とにかくこの道を休まず歩むことである。自分だけしか歩めない大事な道ではないか。自分だけに与えられているかけがえのないこの道ではないか。他人の道に心を奪われ、思案にくれて立ちすくんでいても、道は少しもひらけない。道をひらくためには、まず歩まねばならぬ。心を定め、懸命に歩まねばならぬ。それがたとえ遠い道のように思えても、休まず歩む姿からは必ず新たな道がひらけてくる。深い喜びも生まれてくる。

最後に

限界!仕事が辛い時に思い出して欲しい名言[15選]

如何だったでしょうか?あなたの心に響く言葉は見つかったでしょうか?どんな状況に陥ろうと、最終的には自分次第ということではないでしょうか?どの言葉も私は好きですが、孔子の「止まりさえしなければ、どんなにゆっくりでも進めばよい」という言葉が私には刺さりました。

長い夜もありますが、明けない夜はありません!もしみなさんが心が疲れてしまった時には偉人の言葉からエネルギーをもらって下さい!

きっと心の支えになると思います。

こちらの記事も良かったら。心が弱っている時にきっと力を得ることが出来ると思います。

上手く行かない時に試したい、心への魔法〜勇気付けとは〜

フォローする